赤ちゃんにも便秘がある|対策法を学んで改善していこう

乳幼児の便が出にくい時

女の人

便が出ない時の見分け方

赤ちゃんは、胃腸の働きが未発達であり、便秘になりやすい時期があったり、急に便が出にくくなったりする事があります。便秘になっている時の特徴的な症状としては、ミルクをあまり飲まない・毎日のように排便していたのに、3〜5日以上便が出ていない・機嫌が悪い・お腹が張っているなどが挙げられます。大人であっても、その人によって排便のペースが異なるといったように、生まれたばかりの赤ちゃんでも、排便ペースがあるので、便秘だという判断をする際には注意しておく必要があります。また、赤ちゃんが便秘になる原因は月齢別に変化していき、胃腸の発達時の3〜4ヶ月や、離乳食が始まる5〜6ヶ月に多く見られているという事が分かっています。

オリゴ糖で改善する利点

赤ちゃんの便秘に対して行う対策法は、お腹のマッサージや綿棒浣腸や水分補給をさせるなど、様々な方法があります。その中でも、オリゴ糖を使用するという事が最も効果的であるという事が分かっています。オリゴ糖は、体内の善玉菌を増殖し、活性化させるという働きを持っており、腸内の悪玉菌を減らす事ができるという効果があります。離乳食に混ぜたり、白湯に混ぜる事も可能であるため、ヨーグルトなどで乳酸菌を摂取する事ができない月齢の赤ちゃんでも摂取できるというメリットがあります。また、母乳を飲む赤ちゃんにとっても、お母さんがオリゴ糖を料理に砂糖として使用する事で、母乳を通じて便秘解消になり、お母さん自身も便秘が改善されるといったメリットもあります。

対策で便を促す効果

赤ん坊

赤ちゃんは便秘になりやすいところがあり、放っておくとお腹に大きなトラブルを抱えてしまいます。そのため、定期的に排便をしているか確認していくようにし、便秘気味のときは対策を行っていくようにします。赤ちゃんのうちは排便習慣も不規則なため、個人差も出てきますが、何日も出ていないときは注意が必要です。

詳しく読む

お腹の調子を整えるには

子供の靴

大人だけではなく赤ちゃんも便秘になってしまうことがあります。改善方法としては、新生児や授乳中の場合はマッサージを行ってあげるのも良いですし、離乳食が始まったら食物繊維不足や水分不足には注意してあげましょう。

詳しく読む

排便を毎日するには

女性

赤ちゃんの便秘は本人が元気で食欲もあればしばらく様子を見ても大丈夫です。しかし、いつもと明らかに体調や機嫌が悪い時は迷わず病院へ行くようにしてください。そして、日頃から便秘にならないようにマッサージや足腰を動かしてあげるようにしてください。

詳しく読む