赤ちゃんにも便秘がある|対策法を学んで改善していこう

お腹の調子を整えるには

子供の靴

新生児や乳児期の場合

便秘というと大人に多い悩みというイメージもありますが、赤ちゃんも便秘になってしまうことは珍しくありません。まず元気で食欲があるという場合は1日、2日排便がない場合でもあまり心配はありませんが、それ以上の便秘が続く、ミルクを飲まない、すぐ戻してしまう、お腹が張っているとなるとやはり対策は必要です。赤ちゃんの場合は腸の発達や授乳回数の変化で排便のペースが変わってしまうこともありますが、苦しそうなときはお腹を優しくマッサージしたり、足やお尻のマッサージも行って排便を促進させてあげましょう。いずれの場合も強く押しすぎるのは良くありませんので、優しく行ってあげることが大事です。綿棒にベビーオイルをつけたもので肛門を刺激してあげるのも改善に役立ちます。

離乳後の対策

赤ちゃんも成長が進むとミルクだけではなく、離乳食を食べるようになります。そうなると腸内の環境も変わりますのでやはり便秘などのトラブルも起きやすくなります。離乳食が始まるとミルクの量が減っていきますので、水分不足となり、それが便秘の原因となってしまうこともあります。便が固いと感じたら、水分補給をきちんと行ってあげましょう。そして食物繊維が不足していることも赤ちゃんの便秘につながりますので離乳食に野菜を増やしたり、良質な乳酸菌が摂れるヨーグルトなども取り入れてみてはいかがでしょうか。そして運動不足も良くありませんので運動もしっかり行わせてあげることも大事です。生活のリズムが乱れることも便秘につながりますので、こちらも注意してあげましょう。