赤ちゃんにも便秘がある|対策法を学んで改善していこう

対策で便を促す効果

赤ん坊

便が出ないとき

赤ちゃんの気になる症状の1つに便秘があります。赤ちゃんによって1日に何回も排便してしまうこともありますが、2〜3日に1回などその間隔はさまざまです。しかし、何日も便が出ていないのなら気になるところで、このような便秘は早いうちに何とかしなければいけません。この便秘対策となるのが、大人用の綿棒を使って赤ちゃんの肛門を刺激していくことです。綿棒の出し入れを優しくすることで、排便を促していく行為です。ただし、これをやりすぎてしまうと、このやり方でしか排便しないようになるので注意します。そして、赤ちゃんのお腹をマッサージしてあげることも、腸を刺激してくれるので効果が期待できます。このような方法で、便秘だと感じた場合は実践してみるといいでしょう。

母乳が排便を促す

一般的に、母乳育児であれば便秘にはなりにくいと言われています。反対に粉ミルクだと便秘になりやすい傾向にあり、母乳不足で粉ミルクを使っても排便習慣に変化が出てくることもあります。このため、便秘になりやすい赤ちゃんは母乳育児を意識していくといいかもしれません。母乳をたくさん出してくれるハーブティーや、胸のマッサージなどをしていくことで、母乳がたくさん出ることもあります。しかし、もともと母乳が出ない人にとっては、さらに便秘に注意深くなり、対策を行っていかなければなりません。便秘になる原因はそれだけではなく、遺伝的な体質や季節による影響も考えられます。あまり神経質になり過ぎないように、健康的な感覚で排便を確認していくようにしましょう。